スポンサーサイト

  • 2017.01.09 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    三世代の憩いのお庭。竣工から一年です。

    • 2015.10.05 Monday
    • 21:47
    昨年の秋に工事を始めた京都市上京区の路地奥のお庭にメンテナンスのため、お邪魔しました。

    施工前
    ここは三世代が憩う暮らしのお庭です。ガーデニングを楽しむお母さんが主役ではありますが、お孫さんたちが走り回り、息子さんたちが野菜栽培をしてご家族でバーベキューをしたり、お父さんがブランコに座ってくつろいだりする場所でもあります。真ん中のみどりのカーペットは、ヒメイワダレソウとプラティアです。芝生以外で緑になるようにと選んだ植物ですが、全体を覆うまで約一年かかりました。伸びすぎてしまうので時々カットが必要ですが、管理は比較的カンタンだと思います。ここは、ひょっとしたら将来的に植栽スペースになるかもしれないと私が勝手に予想しているので、あえてこのカタチをご提案しています。
    家庭菜園になったりして、、、京都市内の真ん中で(笑)
    日陰スペースの植物もそれぞれに成長して落ち着いたいい感じになっています。写真を撮れなかったんですが、ここはスイセンやユリも咲きます。木製のフェンスが新たに設置されていました。少しづつ手を加えておられるのを毎回拝見するのが楽しみでもあります。
    昨年、完成したばかりの時はこんな様子です。秋に植えて冬になってもほとんど変化がなくて、寂しい状態が続きます。植栽プランは、春の様子と一年後の状態を描きながらデザインしますが、それを上手くお伝えするのがとても難しいです。

    どうしても庭に植えたいと望まれたのはモミジでした。真っ赤に色づく紅葉を部屋から眺めたいとのことでしたので、お庭のシンボルにモミジを植えています。
    実は、そのモミジを見て少し元気がないなあ、と思っていたら。。。。
    スタッフがテッポウムシの被害を見つけてくれました。すぐに殺虫剤を使用して対処。なんとかこれで頑張って欲しいです。しばらくしたら点検に伺いたいと思います。

    作業の後は、ご一緒にお庭でティータイム。春に向けてのガーデン計画などお庭談義にいつもながら花が咲きます。

    京都 路地奥のガーデニング

    • 2015.02.12 Thursday
    • 18:53
    昨年の秋から庭づくりのお手伝いをさせてもらっているT様邸へ補修とメンテに行ってきました。
    不安定な天気が続くので延び延びになってお待たせしてしまいました。

    出迎えてくれたのは、秋に球根を植えたスノードロップの可愛いお花です。
    後ろでいじけたように寒さをしのいでいるのは、黒葉ビオラ ラブラドリカ。地上部は元気がありませんが根っこはとても元気。
    もうすぐシャッキーンとなりますよ(笑)

    今日は暖かい曇空。3時以降は雨になるという予報なので職人と2人、急いで作業。
    排水の補修工事のあと、新しい培養土を植栽部分に入れました。

    それなりに重くて良い土、ちょっと高級でが環境と状態をみて単用土を数種類ブレンドしています。今回は少し落ち着かせてから植栽をすることにしました。お庭に何を植えるにしても土壌が大事。
    新しい土は、気持ちいいですね〜寝転びたいぐらいです。

    予定通り3時には終了できて一安心です。

    春はもうすぐです、ワクワクしてきますね。。。「早速咲いた椿を部屋に飾って楽しんでいます」と
    嬉しいご報告もしてくださいました。これから秋まで順に次々と咲くお花たちを楽しみにしていてくださいね。

    お世話になっているお庭数十箇所で重宝しているコレ。効果あります。

    超音波で猫が来ないようにするというもの。猫ちゃんはフカフカの新しい土が大好きなので、いつの間にか寄ってきて、ガーデニング的には困ってしまいます。もちろん人や他のペットや植物には無害なので安心です。

    上京区でお庭つくりのお手伝い

    • 2014.11.17 Monday
    • 23:01
    この秋から京都市上京区で個人邸のお庭つくりをお手伝いさせてもらうことになりました。

    京都の路地奥なのでお隣の民家の塀や壁に囲まれたスペースです。しゃがんで遊んでいるのは庭主さんのお孫ちゃんたち。

    お好きな植物を植えて、自然風の公園のようなお庭にしたいとのご要望です。自動灌水設備もご希望されました。
    園路は自然な真砂舗装に。植栽部分は水はけを良くするため重機でよく耕して、そして土壌改良をして土づくり。

    日陰スペースには以前のお庭に植えてあった植物を移植して、アジュガなど多年草やアジサイ、ツバキなどの低木と水仙やユリ、他種類の球根を植え付けました。
    真ん中は当初、芝にしてみたいとのご要望もありましたが、庭の使い方やメンテナンス等のことを考慮してまずはヒメイワダレソウを植えることにしました。
    隣家のベランダからの視線が気になるので、小さなコブを盛って木を植栽し優しく目隠し。街中では、植木の落ち葉や根がご近所の敷地に入る心配があるのでなるべく手前に植えています。
    比較的日当たりの良い場所は、お花ゾーン。ここはクレマチス、薔薇も植えてたっぷりとチューリップなどの球根を入れました。
    ビオラ、ワスレナグサ、アリッサムなどの一年草も彩りに。植物には全てにネームラベルをお付けしています。
    シンプルな木のハウスは水栓カバーです。自動散水のタイマーが隠れています。
    植え付け直後は苗が小さく、散水ホースも目立つのでまだ完成とはいきませんが、たくさんの植物が育つ春の様子を想像するとワクワクします。植栽工事が完工して、このお庭と永いおつきあいのはじまりです。

    お庭の隅にはかっこいいガーデングリルが、、、

    ご家族はもちろん、皆さんが楽しめるお庭になるといいですね。たくさんの方にご協力いただき第一期は無事完工いたしました。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    メディカルハーブ事典
    メディカルハーブ事典 (JUGEMレビュー »)
    ティエラオナ・ロウ・ドッグ,スティーブン・フォスター,レベッカ・ジョンソン,デビッド・キーファー,アンドルー・ワイル(序文)

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM